真実を伝えたい♪それが全てです。

 メディアが発達して、私達は昔とは比べものに成らない位の情報に毎日接しています。コミュニケーションの手段は時代と共に進化を遂げて次第に大容量の情報を私達に流し始めました。テレビで「何かの食材が良い」と言えば、その食材が爆発的に売れ、やがては飽きられ、忘れ去られて行く・・・。そして新たな情報に飛び付き、そしてまた忘れられて行く・・・。情報の過多がもたらす情報の使い捨ての様な時代です。忘れても忘れても新しい情報は供給されます。やがては飽きられ忘れ去られて行く情報に真実は有るのか?と思います。、いつの時代も、どんな時も決して変わらない物が本物であり、真実では無いかと思います。

 私達は科学の発展と共に、古い時代を否定的に生きて来ました。先進国は発展途上国を、まるで時代遅れの、憐れな国で有るかの様に熱扱ったりします。しかし、科学の発展、社会資本の発展に取り残された所でも人は生きていますし、そこでも幸せな営みが育まれています。それは、先進国でも、発展途上国でも同じです。科学の発展=幸せではないからです。

 私達人間は、科学の発展を遂げた現代でも、大昔の原始的な生活をしている頃からも、身体的にも、精神的にも、何の進化も遂げていません。この身体は大昔から、何らの変化も無いのです。悲しい時には 涙を流し、嬉しい時には顔を緩ませ、憤りを感じる時には顔を曇らせます。身体も心も何の進化も遂げていないのに、科学の発展で人が幸せになるのなら、原始の人は不幸なのか?発展途上国の人は不幸なの?と言う事になります。決して、そうでは無いことを私達は知っています。科学の発展は私達に快適性を与えはしましたが、それは決して本質的な幸せでは有りません。科学の発展が全てだと信じてる人や、唯物論者には決して真実を見つける事は出来ませんが、そうで無い人には真実は求めれば見えるはずだと思います。

 聖士會館では、真実の医術と武術を通じて、「宇宙の秩序」を追求しています。それは、時代が変わっても、決して変わることの無い真実であり本物です。

 一条先生の下で二年余り、勉強させて戴き、聖士會館で治療師の免許を戴きました。人間の本質を研究し続ける聖士會館の事を、このweb pageや、治療師として治療を行う事で一人でも多くの方に知って戴きたいと思っています。 

 

 

 

 この Web サイトに関する質問やコメントについては  まで
 copyright c 2006年11月3日開設 
聖士會館 牛川支部
 最終更新日 2010/01/11 月曜日