2,013年の日記
2,012年の日記
2,011年の日記

2,010年の日記

2,009年の日記
2,008年の日記
2,007年の日記
2,006年の日記
2,005年の日記

2,004年の日記

2,003年の日記

 

 

 

 2,014年 8月30日(土)

 久し振りの快晴♪でも日差しは優しくて秋の気配♪

 一条先生が目の悪い患者のご家族に、目のマッサージを指導された。動き一つを見逃さないぞって気持ちで見学させて戴いた。でも、動きを真似出来たとしても、心の中の動きまでは真似出来ない。それに経験も追い付かない。治療と言っても、色んな要素が積み重なったり、絡み合ってる物なのかも知れないと、一条先生の治療を見学させて戴いて感じた。最も大きな要素を占めるのは心なのかも知れないけれど、技術、知識、経験、年齢、人生等々・・・どれも大切な要素。

 “スーパーBLBCチップ”の発売が楽しみ♪

 

 2,014年 5月30日(金)

 暑い1日でした♪

 一条先生の診断は凄い・・・って、最近特に感じます。ある年配の咳が出て困る・・・と言う患者には、「香蓮を飲んで!」と指導され、足の疾患で来館された新患には「肺がんの因子が有るから、気を付けて!」と仰った。其れを聞いた年配の患者は「結核かと思う程、咳が出るけど・・・私は大丈夫なのか?」と心配げに尋ねられたけど、「大丈夫!」と一条先生はお返事されてた。肺がん因子を持つ患者には聴診器で肺の診察をされた。一条先生の中では、年配の方の咳の原因は水分の過剰摂取。肺がん因子を持つ患者には、それなりの食事指導をされた。足の愁訴も良く成られたけれど、一条先生が目指すのは、未来に渡る全身の健康♪目先だけでは無い一条先生の治療♪

 

 2,014年 5月23日(金)

 お昼の暑さは夏の様でした。

 目にボールが当たった男の子が来館され、一条先生の診察を受けられました。「ほぼ良いけど、未だ納得出来ない。」との事で、手当てをもう暫く続ける様にとのご指導でした。カイロプラティックにズッと通われてた女性の方は今回で5回目の受診。酷かった顎関節も随分改善されたと自覚していらっしゃいました。沢山の症状をお持ちですが、一つ一つを丁寧に診察され、それぞれに治療を施される一条先生の診療は学ぶ事が多いです。一条先生のご性格其の儘の治療だと思いました。・・・・・・と言う事は・・・・・・、能力を全く度外視しても、将来的にも私には出来無い治療だと言う事。「我を通す」とか「自己中心」では成り立たない治療だし、その様な物を強く持ってると、患者の治療はメチャ視野の狭い物に成るって事だと思いました。

 たっちゃんが腸骨辺りの不調で一条先生の治療を受けられましたが、最近硬くて誰も操作出来なかった仙腸関節をいとも簡単に一条先生は「ポキッ」と入れていらっしゃいました。頸椎も「ポキポキ」に。思わず「ふう~♪」と溜息♪

 

 2,014年 5月17日(土)

 メチャ気持ち良い晴天♪流石に聖士會館 空手道の合宿日♪

 何か毎日をより良く生きたいと思います。その為に始められる事を・・・と思いました♪

 手始めに日記の復活♪

 続ける事は大変で、私の苦手な事だけど、より良い明日の為に再び始めてみよっと♪ 

 

 2,014年 5月 9日(金)

 お顔が瘡蓋だらけでグチャグチャ。

 午前中は本部をお休みさせて戴き、午後から本部へ♪

 午後から患者の方が多かったのですが、一条先生の治療や応対を拝見して、学ぶ事が多く、感動する事もいっぱいだなって改めて思いました。

 どうしたら、あんな対応が出来るのだろう?って思って仕舞います♪ 

 

 2,014年 正月12日(日)

 起きたら・・・眩しい太陽がしっかり昇ってました。朝焼けミッションが終わっててガッカリ。

 明男さんはお仕事、達也は塾へ出掛けたので殆ど1日一人でした。昨日の余韻に浸ったり、色々と考えたり。

 最近、天照大神様は男の神様では?・・・と言う一条先生のお話から調べ始めた事柄がドンドン派生して行って・・・色々と考える事が多いです。私達は文明で生活を快適にして、社会をドンドンと進化させて居る様だけど、実はドンドン退化して行って居るのだと思いました。最先端は、地球創世の時・・・・・・私達は、原点に戻るべきですね・・・・・・神様に全てを感謝しなきゃって思いました♪

 23時に本部にお邪魔させて戴いて、10分間の輝きの光を戴きました♪一条先生、ミドリちゃん、お仲間の皆様、光の世界の住人の皆様、有り難うございました♪

 本部にお邪魔したのは30分位でしたが、一条先生のお話しが印象的でした♪全てに心を配る事が出来る人に成りたいです♪

 

 2,014年 正月11日(土)

 ふきちゃんと一緒に飛行船を観に行きました♪今日こそは離陸!?と期待を持って・・・・・・

 飛行船は期待通り、9時40分過ぎに離陸しました。離陸する様子を初めて観ましたけど、メッチャ感動♪

 風船みたいにフワフワした不安定で危険に思われる乗り物を、10人位のスタッフが寒くて、風の強い中、互いに意思疎通を図りながら、真剣に必死に離陸させようと試みて居る姿が印象的でした。飛行船の推進力であるプロペラが回って危険。少しでもタイミングが狂い、突如強風が吹けば、誰かがプロペラに巻き込まれて仕舞うかも知れないし、引きずられて転倒するかも知れない・・・・・・様々な危険と隣合わせ・・・・・・

 何故!?って思ったけど・・・、スタッフの方々からはそんな理論や理屈を超えた情熱を感じました。もしかしたら、「飛行船を観て喜ぶ子供達の姿」?、それとも、「風船に乗ってみたい」って思った子供の頃の夢?目の前の飛行船は、そんな事を考えてる間も、風に揺られてユラユラプカプカ・・・・・・風船みたい・・・・・・

 飛行船は夢の乗り物なのかな?って思いました♪夢の結晶♪スタッフは夢を追い掛ける人達。そう思うと、涙が溢れました。

 夢を追い掛ける事、夢を描く事の意味を教えて戴いた気がしました♪

 23時に本部にお邪魔させて戴いて、10分間の輝きの光を戴きました♪一条先生、ミドリちゃん、お仲間の皆様、光の世界の住人の皆様、有り難うございました♪

 

 2,014年 正月 7日(火)

 年が明けて初めての本部出勤♪

 感動しました。伝わって来る物が多過ぎて♪

 きっと一条先生から伝わって来る言葉では無い、沢山の何か・・・・・・先生の想い!?先生の一生懸命さ!?

 そして本部は聖地だと改めて認識出来た気がします♪

 この感動を日記に残したいと思いました♪

 

 

 この Web サイトに関する質問やコメントについては  まで
 copyright c 2003年8月9日開設 「楠美家」
 最終更新日 2010/10/09 土曜日